2月, 2015年

確定申告

2015-02-03

確定申告について
1.確定申告とは何か?
2.確定申告が必要な人は?
3.確定申告すると税金が戻る?
4.還付される場合の申告の流れ

もう2月ですね。
個人事業主の方には大切な、そして大変な時期がやってきました。
そうです、確定申告です。
ここでは確定申告について、そもそも何をすることなのか?何のメリットがあるのかを書きたいと思います。

1.確定申告とは何か?
毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた収入と支出を集計し、納める所得税を計算・確定させ、申告期限(2015年3月16日)までに申告書を作成して、今までに支払った税金の精算を行う手続です。(個人事業主の方は、1月から12月までと決められています。会社はあらかじめ届けた決算日が基準です)
2015年2月16日から3月16日までに税務署に申告し納付します。
(2014年の確定申告から、所得税に追加して復興特別所得税を納めることになりましたので、ご注意ください。)

2.確定申告が必要な人は?
会社員であれば、年末調整といって、12月の給与で所得税が確定してしまう人が多いですが、会社員でも次に回答する人は確定申告が必要になります。
(1)給与収入が2,000万円を超えている人
(2)給与の他に副業の収入が20万円以上ある人
(3)2か所以上から給与を受け取っている人

もちろん、自営業で事業主となっている人は確定申告が必要です。
また、年金を受け取っている人も年金の収入が400万円を超えている人は確定申告が必要なのでご注意ください。

3.確定申告すると税金が戻る?
会社員で本来確定申告の必要がない人でも、確定申告をすることにより、税金が戻ってくることがあります。これを還付申告といいます。
どのような場合に確定申告をすると税金が戻ってくるのでしょうか?
(1)家を買う時にローンを組んだ人
「住宅ローン控除」と言われることが多いですね。戸建てやマンションを買ったときや、家を増改築した時に、資金を銀行などから借りたりする人がほとんどだと思います。
借入をして家を購入した場合などは、「住宅借入金等特別控除」として、確定申告で税金が戻ってくるのです。
これによって控除される税金は、年末時点の住宅ローン残高の1%が目安です。
会社員の場合は、「住宅ローン控除」を適用する初年度だけ確定申告が必要ですが、2年目以降は会社で行われる年末調整で適用を受けることができますので、2年目以降は、確定申告は不要です。(自営業の人は毎年確定申告が必要です)

(2)よく病院に行ったり薬を買っている人
1年間に支払った医療費が10万円を超える場合は、確定申告で「医療費控除」をすることにより、税金の還付が受けられます。もっとも、医療費の額が10万円を超えていなくても、支払った医療費の合計が所得の5%を超えていれば「医療費控除」によって税金が還付されます。
「医療費控除」の対象はご自身の分だけではありません。生計を同一にする家族(夫もしくは妻、子ども)がかかった医療費も対象になります。また、病院の治療費や薬局で購入した薬の他、ドラッグストアで購入した市販の風邪薬、うがい薬なども対象になります。領収証はしっかりとっておきましょう。
(ただし、ドラッグストアで購入したサプリメント、シャンプー、お菓子などは対象外ですので医療費に加えないようにしましょう)
忘れがちですが、治療のために電車やバスなどの公共交通機関を使って病院に行く場合、その交通費も含まれます。電車やバスの場合領収証は不要ですが、タクシーを使った場合は領収証を保管しておいた方がいいですよ。

(3)寄付をした人
政党、(日本赤十字社などの)NPO法人や公益社団法人などに寄付した場合、寄付金の額は確定申告で納付する税額から控除され、税金が還付されることがあります。
また、「ふるさと納税」が注目されていますが、ご自身の地元以外でも特定の自治体(市町村)に寄付をすると、金額に応じてお米や肉・魚・野菜などが送られてきますね。中にはパソコンなどが送られてくる自治体もあるとか・・・
自治体に寄付した分も、確定申告で寄付金控除ができます。寄付したら、後日自治体から寄付証明書なるものが送られてきます。控除できる金額は、寄付した額から2,000円を差し引いた額です。(しかも寄付先ごとに2,000円を差し引く必要はなく、寄付金全体から2,000円を引きます)
送られてきた食料品などは確定申告で記載する必要はありません。実質2,000円で食料品やパソコンなどが手に入るわけです。
「ふるさと納税」については、各自治体によって条件や品物が違いますので、HPなどであらかじめ調べてから寄付をしましょう。

4.還付される場合の申告の流れ
確定申告の開始時期は、2015年2月16日からですが、還付申告はこれより前の2015年1月1日から提出可能です。(期限は3月16日です)
還付申告を提出したら、4月頃に還付金が入金されます。 確定申告の提出が早い人から順番に還付されます。遅くても4月末には還付されるでしょう。
あと、e-tax(電子申告)で還付申告している人は、還付がもっとはやくなります。2~3週間程度で還付されますので、e-taxによって申告することをお勧めします。

Copyright(c) 2014 宇佐見会計事務所 All Rights Reserved.
Top