健康保険の標準報酬月額等の上限を引上げ

2017-01-27

1. 標準報酬月額・標準賞与額
2. 報酬の範囲

 昨年の改正により、標準報酬月額の上限の引上げが行われていますが、影響は毎月の報酬が123万5,000円以上の人に限られているため、従業員のほとんどには影響はなく、社長、役員クラスについてのみ注意ください。
1. 標準報酬月額・標準賞与額
 健康保険・厚生年金保険では、被保険者が事業主から受ける毎月の給料などの報酬の月額を、一定の幅で区分した標準報酬月額と、3月を超える期間の賞与から千円未満を切り捨てた標準賞与額(4月から健康保険は年度の累計額573万円、厚生年金保険は1か月あたり150万円が上限)を設定し、保険料の額や保険給付の額を計算します。
 標準報酬月額は、昨年4月から、健康保険は第1級の5万8千円から第50級の139万円までの全50等級に区分されています。(区分については、都道府県によって保険料額が違うのでそれぞれ保険料額表をご確認ください)
 なお、厚生年金保険については、平成28年9月分(10月納付分)から改定されています。

2. 報酬の範囲
 標準報酬月額を決める場合、その元になる報酬は、賃金、給料、手当、賞与、その他名称如何に関わらず、被保険者が労務の対償として受けるものすべてが含みます。
ただし、臨時に受けるものや、年3回以下の賞与は含まれません。

Copyright(c) 2014 宇佐見会計事務所 All Rights Reserved.
Top