交際費か?給与か?

2015-08-12

1.税務における交際費とは?
2.社長・役員の個人的な支出は役員賞与
3.役員賞与に認定されると税の負担が増える

1.税務における交際費とは?
税務において交際費とは、得意先や仕入先など、事業に関係する人への接待(飲食、ゴルフ等)や贈答(お中元、お歳暮等)などのために支出する費用のことを言います。
ただし、従業員の慰安のために社内旅行に行ったり、会議のための弁当代を負担するなどの通常要する費用、また、外部の事業に関係のある人との1人当たり5,000円以下の飲食費は、交際費の範囲から除かれます(少額交際費として損金算入が認められます)
また、会社が交際費として支出した費用のうち、事業に関係ないものや、使い道が明らかでないもの(使途不明な交際費とされ、追加で税が加算されます)は、損金に算入することができません。

2.社長・役員の個人的な支出は役員賞与
平成25年度の税制改正により、中小企業(資本金1億円以下)の交際費は、年間800万円までは全額損金に算入することができます。
実務においては、社長や役員が個人的に支出したとみなされるもの(事業に関係ない人といったゴルフプレー費、家族との食事代等)が、交際費として処理されていることもあります。
このような場合は、交際費でなく社長や役員への賞与(役員賞与)とみなされます。これは損金に算入できません。

3.役員賞与に認定されると税の負担が増える
交際費は、税務調査においても重点的に調査されることが多いです。今まで交際費として損金算入されていたものが社長・役員への賞与として認定されると、法人税がその分かかることになります。
日常から事業に関係のある支出(交際費)と個人的な支出は区別しておきましょう。

交際費の判定のポイント
(1)支出の相手:得意先や仕入先などの事業関係者か?
(2)支出の目的:親睦を深め、取引を円滑にするための目的か?
(3)行為の内容:接待、慰安、贈答など

SnapCrab_NoName_2015-8-12_19-54-26_No-00

Copyright(c) 2014 宇佐見会計事務所 All Rights Reserved.
Top